きょうはピザでも注文するか!残業している時に社長から飛び出した嬉しい差し入れは、やっぱり給与?

残業が多くても・・・ 繁忙期になると、会社に遅くまで残って仕事をする社員が増えてきます。最近はサービス残業が話題になり、残業に対してネガティブな印象がぬぐえませんが、会社が成長している過程では、仕事量と社員の数が合わない…

交通費

電子マネーを使って交通費精算する会社は、ちょっと気を付けて!

昔は交通費精算は煩雑になりがちだった 経理部にとって経費精算は大切な仕事です。社員が経理部に持ち込む領収書を1つ1つチェックし、損金になるのかならないのか、経験がものを言いますし、税理士との連携も重要です。損金になるのか…

まかない

飲食店のまかない!どうして半額も支払わされるの?

アルバイトの「まかない食べられます」 高校生になってアルバイトを始める時期、求人広告の募集欄には高校生が魅力を感じそうな言葉が躍っています。時給が高いことはもちろん重要ですが、交通費全額支給などの気になる情報と同時に、「…

国際会議

いよいよ海外の会議に招かれました!妻同伴で参加しますが経費になりますか?

海外出張費は高くなる? 節税を意識した支出は経営者の常。今回は、海外の会議に招かれた経営者が、妻を同伴することになりました。そもそも海外では妻同伴で会議に参加することが珍しくなく、むしろ一般的な部分もあります。日本でも格…

海外出張の準備に費やした支出の領収書で節税できる?

パスポートの有効期限を確認 最近の若者は海外志向が弱くなったと言われます。アメリカへ留学する人の数も少なくなったそうで、確かに昔みたいに海外旅行のチラシが多くみられることはありません。円安ドル高の為替も大きく影響している…

ふなっしーにあやかり会社でオリジナルキャラクターを作ってみたけど経費になる?

オリジナルキャラクターを経費面で見ると・・・ ふなっしーが登場してしばらく経ちます。ようやくご当地キャラクターブームは落ち着きをみせてきました。それにしても、この間、日本中でどれだけ多くのキャラクターが登場したでしょうか…

接待

6人で60,000円の飲食代!いくらまでなら節税になるの?

費用と損金 会社にとって売上を上げることは大きなミッションです。そのミッションを達成するために費やすお金は、ビジネスに必要なものだということで費用として認められます。 費用として認められた金額は、会計のルールのもとで処理…

お車代

講師に渡すお車代は経費になりますか?

社員向けの勉強会 会社が主催する社員向けの勉強会。大きな会場を借り、100名の営業マンを集めて勉強会を行いました。テーマは、「デジタルマーケティング」です。昨今のビジネスにおいて、Webを活用しない手はありません。しかし…

スタッフ

スタッフを増やして節税が可能?

雇用促進の制度で節税 スタッフ(従業員)を増やすことで、節税ができる方法があります。これは、スタッフ(従業員)を雇った時に、雇用促進計画書を出します。一定基準を満たした場合は、この雇用促進計画書を提出することで、節税がで…

飲食店

税務署の視点を頭に入れて領収書をもらいましょう

社長の自宅でパーティー ある会社の社長が社員やビジネスパートナーを自宅に招いてパーティーを開催しました。新築の豪邸を建てた社長は、多くの人を自宅に招いて、豪華なシャンデリアや絵画、趣味で集めたガラス細工などを他人に見ても…

社員旅行

最近は聞かなくなった社員旅行。それでも会社の和を重んじて、会社の経費で出発!

社員旅行って聞かなくなった? 20年も30年も前の会社であれば、社員仲良く温泉旅行に行く事もありました。行った先で先輩社員と後輩社員が酒を交わし、普段は話さないような雑談でお互いのことを知ることができました。 しかし、最…

粗品

お客様に配る粗品にも気をつけよう!節税のテクニックが眠っている

「年末の習慣」も費用? 年末になるとカレンダーを配るのがひと昔前の会社の習慣でした。最近でも、大手企業にはこの習慣が残っているでしょう。ベンチャー企業の中にも、経営陣が大手企業の出身だと、年末にカレンダーなどの粗品を作っ…