もっと早く知りたかった!節税することの意味

節税対策を知っておく

会社の経営者は、売り上げを上げる事、経費を下げることなどの努力によって会社の業績を上げようとします。

売上―経費=利益 利益×税率=法人税

この式からも分かる通り、会社は利益を最大化するために、頑張って営業活動を行い、売上を上げようとするのです。一方、なるべく支出を低く抑えるべく、仕入れコストを下げたり、備品を安い業者から仕入れたりしようとします。そうすると利益が高くなりますね。

利益が出ると事はいいことですが、そのままですと支払う法人税が大きくなってしまいます。これが経営者にとって嬉しい悩みでもあります。利益が出ているので嬉しいのですが、支払う税金も多くなってしまうので、何とか税金を低く抑えて、会社に多くの現金を残しておきたいと考えるのです。

ここで経営者が知りたいことは、どの様に税金を低く抑えられるのか、という事です。別の言い方をすると、節税対策を知りたいのです。

必要な経費を使う

節税対策には、例えば、取引先と食事した時に領収書をもらうことで「接待交際費」として処理する方法があります。食事代など会社の経費に認められないと考える人もいますが、その食事が取引先との良好な関係を維持し、会社の発展に必要なものだと考えられれば、立派な経費になるのです。

節税するために無駄な経費を使うのは支離滅裂です。当然、会社にとって必要な支出をもって経費としなければなりません。

節税対策の重要性

節税対策というものが、税金を低く抑える事だという事はご理解いただけたと思います。では、税金を低く抑えることが、どれほど重要なのでしょうか。社会の一員として税金を払うことはいいことではないでしょうか。

もちろん、必要な税金は払わなければなりません。しかし、全ての会社が同じルールでビジネスを行っている以上、そのルールに沿って正しい経理処理を行い、正しい税金を支払う事に何の問題もありません。

節税するということは、それだけ支払う税金が少なくなります。そうすると、現金が会社に残ります。残った現金を会社は、将来の投資に使うことができるのです。これが、節税することの1つ目の意義です。

会計的にも意味があります。会社は財務諸表を作成するのですが、この財務諸表は取引先や銀行が見ることになります。当然、財務諸表上で利益がたくさん出ていた方が第三者からの評価が高くなります。節税すると、利益が増えるのです。

このように、節税することで将来への投資が行えますし、第三者からの評価も高まります。だから節税することに意義があるのです。

編集部 担当デスク A