節税や減税をお考えな方にお得な情報をお届けします。

節約術シリーズ10 日々の生活で節約をしてお金を貯める

前のページへ戻る

実はたくさんある日々の生活の中での節約術

日々の生活の中で、節約できるところは沢山あります。
上手く節約できれば、小さな努力でもお金が貯まることでしょう。
1番節約したいところといえば、公共料金ではないでしょうか。

公共料金の節約術①電気代の節約方法とは?

まず、電気代の節約方法としては人にいないところの電気はつけっぱなしにしないことです。これは、節電にもつながることです。
今まで使っていた電球を、LEDに変えることも良いでしょう。
電球も長持ちしますし、電気代も抑えられます。

また、毎日掃除機で掃除をしているご家庭もあるでしょう。
清潔にするのは必要なことですが、毎日の掃除で電気代をかなり使っています。
ちょっとした汚れやほこりなどは、昔ながらのホウキでお掃除してみるのも良いでしょう。
電気代もかかりませんし、考えているよりも部屋の隅々まで綺麗になるのでオススメです。

公共料金の節約術②ガス代の節約とは?

近年では、オール電化のご家庭も増えてきていますがガスを使っているご家庭の節約方法としては 毎日の料理の際に節約を心がけることです。
お鍋を火にかける時には、お鍋の底が濡れたまま火にかけないよいうにしましょう。
ちょっとしたことですが、これだけでガス代がかなり抑えられます。

また、寒い季節になると煮込み料理が美味しいですが長時間煮込む料理は、どうしてもガス代が かかってしまいますのでなるべくしないように心がけましょう。
どうしても、というのであれば電子レンジを活用してあらかじめ食材に火を通しておくと 煮込み時間を抑えることができ、ガス代の節約につながります。

お風呂もガスで沸かしているというご家庭もあるでしょう。
寒い季節になると、熱いお湯につかって疲れを癒したいところですが少し我慢しましょう。
お風呂の温度を1度下げるだけで、かなりのガス代節約になります。

寒い日は、すぐにお風呂のお湯が冷めてしまいますが追い炊きはやめましょう。
家族が多いご家庭は、お風呂が冷める前に家族みんなが入り終わるように工夫しましょう。
お父さんとお子さんが一緒に入ったり、間をあけずに次の人がすぐ入るようにしたりと ガス代がかからないよう工夫が必要です。

また、髪の長い女性はシャンプーの際にお湯を大量に使ってしまいます。
毎日シャンプーしたいのはわかりますが、冬場の間だけでも1日置きにシャンプーするなど こころがければ、それだけでガス代の節約になります。

電気代とガス代についての節約方法をいくつか挙げてみましたが、どれもちょっとしたことに 気を付けることが大事です。
ちょっとしたことの積み重ねが、節約になり、お金が貯まるのでオススメです。