フリーランスで働く人も働かせる人も知っておきたい外注費の考え方

フリーランス

インターネットを使った仕事

クラウドソーシングの仕組みが発達したこともあり、インターネットを使った仕事の発注や受注がとてもしやすくなりました。おかげで、フリーランスとして仕事をする人が増えました。

クラウドソーシングの醍醐味は、発注者と受注者の視点で違います。

発注者の醍醐味

発注者の視点で考えると、必要な時に必要なだけ仕事を発注できるので、固定費を抑えることができます。社員を抱えると、仕事がなくなったからと言って簡単に辞めてもらうわけにはいきません。雇用を守る努力をしなければならず、コストを削減できないのです。一方、クラウドソーシングで仕事を外注すれば、仕事量の増減に対応することができます。

受注者の醍醐味

受注者の視点で考えると、空いた時間にちょこっとだけ仕事することができます。忙しくなれば次回から仕事を断ればいいのです。つまり、発注者と同じように仕事量を調整することが可能になります。

発注者にとっても受注者にとってもメリットのあるクラウドソーシングですが、これを節税の視点で考えてみたいと思います。

節税の視点

ライターやカメラマン、プログラマーなど、クラウドソーシングに向いている仕事はいくつもあります。そんな彼らを雇った会社は、支払う報酬を「外注費」として処理することになるでしょう。

ところが、税務署は少し違った視点で見ています。「本当に外注費なの?給与じゃないの?」という視点です。理由は消費税にあります。

外注費を払うか受け取ったことのある人は知っていると思いますが、外注費には消費税がかかります。一方で、給与には消費税がかかりません。この違いが大きいのです。

節税視点では給与より外注費

節税の視点で考えると、同じ金額であれば、給与よりも外注費として支払った方が、消費税の分を節税できるのです。例えば、給与108万であれば、外注費を税込み108万円で払ったほうが節税になる、と言う意味です。なぜなら、外注費108万円の内、8万円は消費税だからです。

消費税は、払った消費税と受け取った消費税を比べて、払った消費税の方が多ければ、その分の還付を受けることができます。ですので、「支払い額が同じなら」と言う条件付きですが、外注費で支払いたいと考える会社も出てくるのです。

いずれにしても、在宅勤務やテレワーカーなど、クラウドソーシングの発展と共に可能となった新しい働き方があります。これらの働き方を支えるのが、外注費として処理されるフリーランスの人達なのです。給与だろうと外注費だろうと、同じ活躍には同じ報酬が支払われることが大切だということは言うまでもありません。

編集部 担当デスク B