節税対策の基礎体力!仕訳について勉強しておこう

仕訳をする道具

簿記を勉強

簿記を勉強することは、仕訳を勉強することとほぼ同じです。仕訳は簿記の中でも重要な要素になっています。

仕訳は、会社の取引を記録しておく、とても便利な仕組みです。

備品 50,000円 / 現金 50,000円

この仕訳を見ると、会社が何かしらの備品を50,000円分購入したことが分かります。そして、現金を支払ったことも分かります。

給与 600,000円 / 預金 600,000円

この仕訳を見ると、給与が支払われたことが分かります。支払われた600,000円は現金で支払われたわけではないようです。預金とは銀行口座にあるお金のことです。つまり、会社の銀行口座から社員の銀行口座へ振り込まれたことを意味します。

広告費 150,000円 / 未払金 150,000円

見慣れない科目が現れました。ちなみに、広告費や未払金と言う用語のことを科目と呼びます。この広告費はよくご存じの科目ではないでしょうか。インターネットに広告を出稿した場合や、雑誌や新聞などに広告を出稿した場合にこの科目が使われます。費用項目です。一方、未払金という科目名が聞きなれないのではないでしょうか。

未払金とは、書いて字のごとく、支払わなければならないがまだ払っていない、という事を忘れないように記録するものです。後でこの仕訳を見ることで、150,000円をいずれ支払わなければならないことが思い出されるというわけです。

では、未払金を現金で支払った時、どの様な仕訳が発生するのでしょうか。

未払金 150,000円 / 現金 150,000円

このように、科目を反対側に記録することで相殺することができます。これで、未払金は0円になりました。一方で現金が150,000円分外に出ましたので、会社に記録されている現金の金額もその分減ったことになるのです。

財務諸表をもとに税金が計算

仕訳が行われていくと、最終的に財務諸表が作成されます。財務諸表とは、貸借対照表や損益計算書など、会社の財務体力と経営成績を外部に発表するための資料です。銀行や取引先企業、株主などが見るための資料と覚えておきましょう。この財務諸表は、毎年作成しなければなりません。4月から3月までが会計期間の会社であれば、3月に決算月を迎え、5月頃までかけて決算書を作成するのです。この決算書の中で中核になるのが財務諸表と言うわけです。

また、この財務諸表を基にして税金が計算されます。そういう意味では、税金を計算するなど、会社の経営にとってとても重要なものが作成されていることが分かっていただけると思います。

ちなみに、財務諸表や税金計算については、税理士の先生に仕事を依頼することが一般的です。

編集部 担当デスク C