節税のプロを知る!記帳代行型の税理士と自計型の税理士

自計型の税理士

税理士の今と昔

ひと昔前の税理士の仕事の1つは記帳代行でした。まあパソコンが普及する以前、会社は領収書を税理士に渡し、それを税理士が帳簿に記録していたのです。帳簿類の作成は税理士にとって大きな仕事であり、報酬の根拠でした。しかし、パソコンが普及したことで、会社の経理担当者が自分で記帳できるようになりました。会社で記帳した方が、数字を使った資料をリアルタイムに作成することができますので、特に会社にとって大きなメリットがあります。

一方で税理士にとって記帳代行の仕事が減ることは、収入源に繋がりかねない大きな懸念でした。特に、税理士の報酬体系が自由化されて以降、税理士同士の顧客の奪い合いが激しくなるにつれ、記帳代行はオプションに見なされるようになりました。

では、自由化の波にもまれ、先鋭化された税理士はどのように記帳代行を捉えているのかと言いますと、早々に記帳代行の仕事をあきらめ、自計化を推進するビジネスモデルに転換したのです。

自計化とは、自分の会社で経理処理を行うことをいいます。つまり、パソコンを使って帳簿付けを自分でやることを税理士が積極的に推進します。

「税理士の仕事がなくなるじゃない?」と考える人もいるかと思いますが、自計化を推進する税理士は記帳する時間を顧問先にさせることで、余った時間をコンサルティングに費やすことにしたのです。

ここで、記帳代行型の税理士と自計化型の税理士に分けられるようになりました。

記帳代行型の税理士

記帳代行型の税理士は、旧態依然の体質を引きずっている可能性が高く、時代に合ったサービスを提供できる能力を兼ね備えていないこともあります。顧問先企業が望むのでしたらいいでしょうが、記帳代行が自分たちの仕事の柱だと考えている税理士には、付加価値を期待することはできなあどうです。

自計化型の税理士

一方、自計化型の税理士は、顧問先企業に帳簿付けを任せ、彼らだけで経理の数字を読み解けるようにレクチャーしてくれます。会計ソフトにも長けている税理士が多く、先鋭的な経理部門の構築を後押ししてくれるかもしれません。また、資料作りではなく、出来上がった資料から何を考え、それをどうやってビジネスに活かしていくのかをコンサルしてくれる税理士が多いのも特徴です。数字を記録するだけじゃなく、その数字をどうやって使いこなしていくのか。付加価値を出してくれることを考えると、これからの企業は、自計化型の税理士を探すのがおすすめです。

編集部 担当デスク B