節税や減税をお考えな方にお得な情報をお届けします。

購入から5年間の平均物件価格下落幅がわずか18万円! 価値の変わらない、レイナハウスの建売住宅が好評

前のページへ戻る

株式会社レイナハウス(代表:松本 茂人、本社:神奈川県横浜市)は、横浜市と川崎市を中心に建売住宅を販売しています。この度、当社が手掛けた物件が、中古住宅として売りに出された際の、売却時期と価格を調査しました。その結果、当社の物件は、平均物件価格下落幅がわずか18万円と、中古住宅でも価値が下がっていないことがわかりました。

【一般的に中古住宅は築10年で価値が半分に】

国土交通省が今年7月に発表した2017年上半期の新設住宅着工戸数は、前年同期比2.1%増で、相続税の節税対策として需要が旺盛な賃貸アパートなど「貸家」は、4.7%増と高水準。分譲住宅の一戸建ても4.0%増加しました。

新築が増えているということは、中古住宅の需要は減り、価格は下落すると考えられます。一般的に木造住宅の価格は、新築時を100%とした場合、築10年では45%、つまり半分程度になるといわれています。

しかし、当社が手掛けた物件の売却価格は、新築時の販売価格3400万円のものが、築11年以上でも260万円プラスの3660万円で取引されるものがあるなど、価値が下がっていないことがわかりました。

【築11年以上でも価値が上がった!人気の中古住宅】

当社は、横浜市や川崎市などを中心に建売住宅を販売しています。この度、当社が手掛けた物件が、中古住宅として売りに出された際の、売却時期と価格を調査しました。その結果、中古住宅でも価値が下がっておらず、平均物件価格下落幅がわずか18万円。中には以下のように、差額がプラスになるものもありました。

(購入時)    (売却時)

・横浜市磯子区  2680万円 ⇒ 築4年4か月  2590万円 差額マイナス90万円

・横浜市磯子区  3280万円 ⇒ 築5年6か月  3150万円 差額マイナス130万円

・横浜市神奈川区 3880万円 ⇒ 築4年6か月  3750万円 差額マイナス130万円

・横浜市神奈川区 3400万円 ⇒ 築11年5か月 3660万円 差額プラス260万円

・横浜市港北区  3350万円 ⇒ 築4年0か月  3860万円 差額プラス510万円

当社の住宅は建売住宅ながら、神奈川県内の相場よりも200~300万円程度高い価格で販売しています。これは複数の棟を建てる場合でも、それぞれ異なる仕様にするという「オンリーワンの家づくり」をしているためです。このため、中古住宅でも特徴的な家を求める方の多くが当社の物件を選び、その人気が価格に反映されているものと考えられます。

【建売住宅ながらオンリーワンのデザインが好評】

この中古住宅人気の背景には、当社の建売住宅へのこだわりがあります。一般的な建売住宅は間取り重視の為、4LDKが多くなりますが、当社は空間重視の家づくりをしており、広い玄関ホールやオープン階段、4mを超える天井高のリビング等を取り入れています。

さらに、コンセプト住宅として、ライブ(防音室付)・キッチンスタジオ(大型アイランドキッチン付)・ガレージハウス等も建築しています。

そして、販売後も定期的に点検へ伺うなど、アフターフォローにも力を入れています。

このように建売住宅ながら、万人受けする一般的なものではなく、特徴的な住宅を求める顧客を想定したデザインを取り入れています。このため、新築時の販売価格は神奈川県内の相場より高いものの、当社を指名するお客さまが増え、新たな物件もすぐに完売する状態が続いています。

【今後の展開】

当社が販売している建売住宅は、現在およそ年間100棟。将来的にも、販売戸数は年間200棟程度の予定です。このため当社の中古住宅人気は、今後も続くと考えられます。建売住宅ながらオンリーワンの家づくりを今後も進めていきます。

【会社概要】

名称   : 株式会社レイナハウス

住所     : 〒221-0052 横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア13階

URL   : http://www.reinahouse.com