節税や減税をお考えな方にお得な情報をお届けします。

会計システムFreeeとSlackが連携したことで経費精算が楽に

前のページへ戻る

会計システムFreeeとSlackが連携したことで経費精算が楽に

クラウド会計サービスを展開するfreee は、「クラウド会計ソフトfreee」が、コミュニケーションツールのSlack Technologiesが提供する法人向けチャットサービス「Slack」とAPI連携したことを発表した。

今回の発表によって「クラウド会計ソフト freee」で申請した経費精算、支払依頼、稟議ワークフローなどの知らせが「Slack」に届き、「Slack」上で承認や差戻し、却下の手続きを行うことが可能になるそうだ。

経費精算、支払依頼、稟議ワークフローなどの申請から承認に至る一連の流れを、コミュニケーションツールの「Slack」で行えるということは、主に「Slack」を利用している中小企業や個人事業主にとって便利だ。・申請の承認依頼が承認者に届いた時、申請に承認者からコメントが付いた時、申請や承認や差戻しや却下された時などにお知らせが承認者のSlack IDに届くので、処理を忘れたり、遅くなってしまったりすることがなさそうだ。

Slackはアカウント登録した人たちが利用できる。オーナーがワークスペースを開設し、そこに仲間のアカウントを追加していくことで、自分たちのコミュニケーションスペースが完成する。仕事の連絡はもちろん、データ送信などにも活用できる。比較としてメールとの違いが用いられるが、メールは閉じられた空間にあるので、原則、メールアドレス所有者しかそのメールアドレスに届いたメッセージを見ることができない。しかし、Slackは仲間と情報を共有できるので、共有データを後で検索して情報を閲覧することも可能だ。オープンなメッセージをやり取りできるし、もちろん、ダイレクトメッセージで特定の人との情報のやり取りも可能だ。

Freeeは「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げている。人工知能(AI)技術を活用したサービス開発にも積極的。バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

【参照リリース】「クラウド会計ソフト freee」が米「Slack」とAPI連携 同社とのAPI連携は日本の会計業界では初の事例